ガボン共和国の発展と自然について


発展と自然

日本人でアフリカの国々のことを知らないという人は多いでしょう。ここで紹介をしているガボン共和国についても知らない人は多かったと思いますが、近年で言えばアフリカの発展が日本や他の国々にとって大変注目を集めているのです。

発展が注目されるその理由として、豊富な地下資源が挙げられます。
ガボン共和国もですが、隣の国である赤道ギニア共和国では、近年油田が見付かり、石油資源を外国に輸出することで、目覚しい発展を続けています。

日本ではおなじみですが、これらの石油は海外からの輸入がほぼ100%です。そのため、新たな石油輸入先となる場所に対して大きな関心があります。

ガボン共和国、赤道ギニア共和国では、この石油の輸出が経済が大きく発展して来ているということもあり、多数の海外企業や移民が増えてきており、町でも多数目にするようになってきています。

特に中国は多くの移民と関連企業が参入しており、ヨーロッパなどからも多数の人、企業、物資の流入が起っています。

その中で気になってくるのが、急激な発展によって生み出される環境問題です。日本でも経済成長期に多くの公害が発生しており、無視することが出来ない問題です。

こういった経済の発展によって生まれる影響も考える必要があるのではないでしょうか。





(c) ガボン共和国情報ネット